トップページ > 料理 > 行動食

キャンプツーリングの行動食

登山だとナッツやドライフルーツ、チョコレートなどが高カロリーなものが一般的。
魚肉ソーセージやチーカマだと酒のつまみにもなる。
シリアルやカップメンを行動食?にし、その写真をアップする楽しみを持つ人達もいる。

正しくは前述のように、連続して行動をしなければならない時に、体がエネルギー切れをおこさないために、行動しながら食べるものを「行動食」というが、バイクを運転しながらなにかを食べる、ということは事実上不可能に近いので、ここでは「手軽な食事」と捕えて紹介する。

軽量・コンパクトで日持ちし、そのままか、ごく簡単な調理のみで食べられるものがよく、仮に現地入手や調理用の食料を持参している場合でも、1食分くらいは行動食を用意しておいたほうがよい。

山中でトラブってしまうことも考えられるし、時間的な制約から買い物や調理に時間を割けないようなシチュエーションがままある。

また手軽さから、朝食として利用すると撤収が早くできるメリットがある。

カロリーメイト(ブロック)

みなさんご存知のライトミール。どこでも入手可能。喉は詰まる。

ページトップへ戻る

SOYJOY

新進気鋭のバータイプライトミール。腹持ちが意外と良い。テイストも各種豊富。

ページトップへ戻る

ナビスコプレミアムクラッカー

クラッカーとしては少々値が貼るが、5~6枚を分封してあるので、使い勝手が非常に良い。魚肉ソーセージと薄く切った6Pチーズをのっけてカナッペ風にして食べると、 朝食にも、酒のつまみにもよい。もちろんそのまま食べてもよい。
他のクラッカーに比べると、塩はきつめ。

ページトップへ戻る

100均クラッカー(海外産)

4分封1セットで100円とコストパフォーマンスは高い。が、1分封の分量が少々多いので、ちょっとコバラに…という感じではない。
クラッカー系は割れやすいので、残しておいて食べるならZIPLOCなどにいれて湿気とクズから他の荷物を守りましょう。

ページトップへ戻る

Magic FLAKES/Zackly

8個包装100円というコストパフォーマンスかつ食べきりサイズの優等生。
前者はピーナッツバターサンドでダイソーやキャンドゥなどで見かける。
後者はチョコ・バナナクリームサンドで100円ローソンで見かける。
最高にモサつくので飲み物必須。

ページトップへ戻る

東鳩オールレーズン

登山等において古くから利用されている行動食。レーズンぎっしりで、このテのお菓子としては腹持ちがよい。
しかしながら分封されていないので、食べきれなければ密封して保管すること。

ページトップへ戻る

パンバーガー

•材料
「レトルトのてりやきハンバーグ」「食パン」
•作り方
ハンバーグを食パンにはさむ。ハンバーグは温めなくてもOK

ウマー。

ページトップへ戻る

チョコレート

チョコレートは眠気覚ましに効果がある。ブラックチョコレートがお勧め。
コーヒーと一緒にどうぞ。

ページトップへ戻る

ペミカン

山男・極地探検家・山岳部・なんとかスカウトの皆さんとは切っても切れないホンモノの歴史に培われた「ホンモノの行動派」の行動食。
そのオリジナルはラードに干肉とドライフルーツを漬込むという単純レシピでこの究極のハイカロリーで命を繋ぐという条件に叶った過酷な極地民族の保存食だそうだが、時代を経て世界の冒険業界(?)に喰い継がれたレシピたるや、魚を使ってみたり、野菜炒めを入れてみたり、果てはカレー粉迄入れるに至っては最早「カレールー寸前」といった物まで存在するらしくその実態が不明な程、まさに冒険的な喰い物。オリジナルレシピだけで一項目できるかも?
『勇気がある向き』は作ってみてください。(冒険家には引き返す勇気も重要ですが)

ページトップへ戻る
Copyright(C) バイクdeキャンプまとめサイト All Rights Reserved.